アパートびのびした生活

アパートびのびした生活

木造アパートに住んでいますが

最寄りの駅から徒歩4分、コンビニまで歩いて徒歩2分、敷金礼金ゼロ、共益費、駐車場代込みで5万という条件がとても魅力的で、築年数20年超えとやや古い物件ではありましたが、私はそのアパートに引越すことを決めました。感覚的に、どちらかというとマンションが良かったのですが、確固たる理由はありませんでした。マンションのほうが丈夫そうというイメージのみです。

仲介業者の担当の方に、そのアパートの事を聞いてみると、どうやら木造のようで、マンションより音が響いてしまうという事を言っていました。私は騒音には強いほうなので、私自身が騒音をたてなければ問題ないと、その時は考えていました。しかし木造というのはどうやら思いの他、音が響くようなのです。それは実際に住んでみてはじめてわかりました。

下の階の人が、常に雨戸を開け閉めしているのですが、その音がとても響くのです。また、定期的に何やらドンドンと物音がするのです。先述した通り、騒音には強い方なので、ちょっと気になる程度で別に眠れなくなるなどはないのですが、雨戸の開け閉めだけで、下の階からそれだけ音が聞こえてくるのであれば、自分も気をつけようと、反面教師になりました。


Copyright(c) 2017 アパートびのびした生活 All Rights Reserved.