アパートびのびした生活

アパートびのびした生活

ペットが飼えるアパートでも入居時にはきちんと説明しましょう

ペットを飼う為にアパートを探す場合、ペットの飼育できる部屋を探すことが一般的でしょう。その際、入居の前にはペットの種類や特徴について、不動産業者やオーナーなどに、詳しく説明しておいた方が賢明と言えます。鳥を鳥カゴで飼う、という説明だけではOKが出る確率は上がりますが、それが大型のインコやオウムなどの場合、それなりに鳴き声が出ますので、住んでから苦情が出て困る場合もあります。自分に不利な条件を並べて入居審査に落ちることは不本意なことではありますが、入居後に苦情が出て、まさかの退去を通達された場合、また引越しの料金が掛かり、不本意だけでは済まなくなりますので留意する点と言えるでしょう。

一方、入居後に致しましても、あまりカゴやケージから出さない方が良いかも知れません。鳥やハムスターやリスなどの小動物は、意外とあちこちかじりますので、部屋を傷める可能性があります。アパートを退去する際にその修繕費が多額になるケースもありますので、退去時のことを考えますと、あまり放し飼いを行わない方が後の為ともなります。アパートでペットを飼う時は、それなりに節度を持って飼われますと、隣接する住人を始め、皆が良好に暮らせます。


Copyright(c) 2017 アパートびのびした生活 All Rights Reserved.