アパートびのびした生活

アパートびのびした生活

日本の狭小アパートの隠れた人気

日本のアパートといえば「狭い」という印象があります。それは日本人にとってだけでなく、日本の事情を知る海外の人にとっても同じような印象を持つようです。なんでもアメリカでは日本のアパートの狭さを揶揄して「ウサギ小屋」と呼ぶこともあったそうです。ところがそんなアメリカを中心に、最近では狭小アパートが人気を集めているというから不思議なものです。

広い空間よりせまい空間の方が落ち着くという人は多いでしょう。私も狭い方がどこか安心感あるタイプです。どうやらそんな感覚を持つのは日本人だけではないようで、世界的にも一定割合いるようです。西欧で狭小アパートがはやっているのはまさにこうした背景があるようです。だからこそ日本国内でもわざわざ狭いアパートを借りる外国人が増えているのだそうです。ただこれに関しては留保が必要です。残念ながら探そうにも日本にはあまり広い物件がありません。広い物件がよくても結果的に狭い物件を借りざるを得ない人もたくさんいるのでしょう。ただ、それを別にしても、積極的な意味で狭小物件を借りている外国人もいるのだろう、ということだと思います。日本のアパートは狭くても機能的にできているので、狭いところ好きにはもってこいなのかもしれませんね。


Copyright(c) 2017 アパートびのびした生活 All Rights Reserved.